こんにちは!リケジョあらため理系オバサンの佐藤です。

「シミができると一気にオバサンっぽい顔になるな」

と、旦那に呟かれた私の顔。

いつの間にか右頬の下に直径5ミリのシミがハッキリとできていました…

一度気になってしまうと、鏡を見るたびにシミばかりを見てしまいますよね。

ファンデをしても、洗顔をしても「今日もある…」と、どんよりした気分に襲われています。

「これ以上オバサン肌になるなんて嫌!」と、アンチエイジングができるスキンケアアイテムを探しています。

今私が注目しているのが、最先端の再生医療を応用した土台美容液「クロノセル」です。

クロノセルにはヒト幹細胞培養エキスが配合されており、老化した肌を細胞から立て直してくれる注目のアイテムです。

もしかして私のシミを魔法のように消してくれるんじゃ…?とネットで口コミを見てみました。

クロノセルでシワを消そうとした人の体験談を見てみると「シミが薄くなった!」という声と「シミには効果なし!」という声の両方が見つかりました。

「体質によって効いたり効かなかったりするのかな…?」と思ったのですが、内容をくわしく読んでみると、クロノセルが効かなかった人には共通点があることがわかりました。

クロノセルが効かなかった人は、クロノセルの使い方を間違えていた人がたくさんいたのです。

逆に言えば、正しい使い方をしていた人は、「ファンデでシミが隠せるようになった!」「気になっていたシミが目立たなくなった!」と効果を実感している人が多くいました。

そんなクロノセルをシミに効かせる効果的な使い方をご紹介します。

クロノセルがシミに効かなかったという体験談

「目尻の凄く目立つところにシミができてしまい、みんなが私のシミを見ているように感じられて、藁にもすがる思いでクロノセルを買いました。

これまで使っていた美容液と同じようにスキンケアに取り入れています。

最初は肌にしっかりと入っていく感じがして、これは効きそう!と思ったのですが…2週間たって今のところ変化はありません。

もう少し長く続けないといけないのかもしれませんが、ちょっと買ったのを後悔し始めています」

クロノセルはシミには効かないのか?

クロノセルがシミに効かなかった理由

今回ご紹介したような体験談でシミにクロノセルが効かなかった理由は、クロノセルの使い方を間違えていたためと考えられます。

じつは、クロノセルは次のような使い方をしてしまうと効果が半減してしまうのです。

  • ふつうの美容液と同じように使ってしまう
  • 短期間しか使わない

なぜこのような使い方をすると効果がでなくなってしまうのかというと、クロノセルがシミを改善するメカニズムが関係しています。

クロノセルがシミを改善するメカニズム

クロノセルは2つのアプローチによってシミ改善の効果を発揮します。

その2つのアプローチとは、

  1. 肌を活性化させて若返らせる
  2. スキンケアアイテムの浸透をよくする

の2つです。

それぞれどんなメカニズムなのか解説します。

クロノセルのシミ改善メカニズム①肌を活性化させて若返らせる

クロノセルは、ヒト幹細胞エキスを配合した土台美容液です。

このヒト幹細胞エキスには、肌の細胞を活性化させる特殊な成分が入っています。

肌の細胞がこの特殊な成分を受け取ると、どんどん新しい細胞を作り出す効果があります。

畑に肥料をまくと、どんどん野菜ができるようなイメージです。

しかし、どんどんできるといっても野菜が育つには時間がかかるのと同じで、細胞が育つにも時間がかかります。

新しい若い細胞が成長して、古い細胞と入れ替わるのには、ふつうの人でも1カ月程度かかると言われています。

私たちのように肌の力が衰えている年齢肌の人では、さらに時間がかかることも。

つまり、クロノセルを使ってから効果が現れるまでは、最低でも1カ月、長いと2カ月程度かかってしまうということです。

そのため、1カ月程度で「効果がでない!」と思って使うのをやめてしまうのは非常にもったいないのですね。

クロノセルのシミ改善メカニズム②スキンケアアイテムの浸透をよくする

クロノセルには、肌の表面の角質層を柔らかくして、スキンケアアイテムの浸透をよくする効果があります。

じつは私たちのような年齢肌は、肌の表面がかなり乾燥していて、スキンケアアイテムの成分が中々浸透しにくくなっています。

たとえば、切り干し大根のような状態に近いです。

切り干し大根って、カピカピに乾燥していて、そのままでは味付けしようとしても中までダシがしみ込みませんよね。

水で柔らかくして戻して上げることで、ダシがしみ込むようになります。

同じように、私たちの肌もいくらスキンケアをしても中まで成分がしみ込まない状態になってしまっているのです。

クロノセルは、そんなカピカピになったお肌に水分を与えて、浸透を良くしてくれる効果があります。

つまり、クロノセルを使うことでふだん使っているスキンケアアイテムの効果が最大限発揮できるようになるのです。

クロノセルでシミを改善する方法

クロノセルは続けて使えばシミに効く!

クロノセルは肌の細胞を活性化させて、若くて新しい細胞をどんどん作ってくれる効果があるアイテムです。

しかし、新しくできた若い細胞がしっかり成長して、古い細胞を入れ替わるのには最低でも1カ月、長いと2カ月近くかかります。

つまり、使い始めて最初の1カ月は効果がほとんど感じられないということです。

この1カ月の間に「意味ない…」と思って使うのをやめてしまうと、せっかく若い細胞を作り始めていたのを、途中でストップしてしまうことになります。

これでは、せっかく育てた野菜を食べごろになる前に収穫して捨ててしまうようなものでとてももったいないです。

クロノセルは最先端の成分を配合したアイテムなので、効果が必ずでます。

幹細胞のパワーを信じて、2カ月は続けて使ってみましょう。

クロノセルは使う順番を間違えるとシミに効かない

クロノセルは使う順番を守ることも大切なアイテムです。

クロノセルを使う最適なタイミングは洗顔後です。

それ以外のタイミングに使っても効果が出にくくなってしまいます。

クロノセルには角質層を柔らかくしてスキンケア成分の浸透を高める効果があります。

そのため、化粧水や美容液、乳液など他のスキンケアアイテムよりも先に使うことが重要なのです。

クロノセルをスキンケアアイテムの後に使ってしまうと、切り干し大根に醤油やみりんなどの調味料をかけてから水で戻しているようなものです。

この順番では切り干し大根に味がしみ込まないのと同じで、化粧水や乳液の成分もお肌に浸透しません。

つまり、ガサガサの年齢肌なのに何もスキンケアをしていないような恐ろしい状態になってしまうのです。

クロノセルを使うのは他のスキンケアアイテムよりも先、ということを必ず守りましょう。

まとめ

ヒト幹細胞エキスが配合された最先端のスキンケアアイテム、クロノセルですが、クロノセルがお肌を回復させるメカニズムは、少しややこしいものです。

そのため、クロノセルはただ使っているだけでは効果が出ずらく、正しい使い方をしっかり守らないと効果が半減してしまいます。

クロノセルの正しい使い方とは、

  1. 肌の細胞が入れわかるのに必要な、2カ月間は継続して使うこと
  2. 他のスキンケアアイテムの浸透をよくするため、洗顔のすぐ後に使うこと

この2つがとても重要です。

使い方を守りさえすれば、クロノセルに配合された特殊な成分が若く元気な細胞を作り出し、シミまみれのオバサン肌をまっさらなお肌に導いてくれます。

ぜひ最先端技術を取り入れたスキンケアにチャレンジしてみてくださいね。

クロノセルの公式通販サイトはこちら

クロノセルの関連記事
  • クロノセルでほうれい線撃退!驚愕のメカニズムをリケジョが解説
  • クロノセルでシワが増える?まさかの変化に悲しみの声が…
  • クロノセルはシミには効かない!ネットに広がる怒りの声とは?
  • クロノセルの解約方法を徹底解説!電話がつながらないって本当?
  • クロノセルは購入方法に注意!1万円以上も損する恐ろしい通販サイトとは?
  • クロノセルの怖い副作用とは?他人の細胞でアレルギー反応!?
おすすめの記事